ホワイトニングで使われる薬品の種類と特徴 | 自宅でホワイトニング通販業界内で一番早く歯が白くなる
146 Enishi, Higashikaganoi, Ichinomiya, Aichi Mon - Fri 10.00AM - 18.00PM

ホワイトニングで使われる薬品の種類と特徴

ホワイトニングで使われる薬品の種類と特徴

歯の黄ばみを取る製品と言っても多くの種類があり、使われる薬品も違います。
ここでは各薬品の名称と特徴、効果の度合いを説明したいと思います。

過酸化水素
いわゆるオキシドールです。歯科のオフィスホワイトニングで歯の漂白に使用する場合は16%から32%の濃度のものを使用します。薬局で売られているオキシドールは3%ですのでかなり濃いもので漂白します。3%のオキシドールが皮膚につくと白く変色するように濃い濃度の過酸化水素が粘膜である歯肉に触れると水ぶくれが出来たりしますし、非常に痛いです。
このため歯科では極力薬剤が歯肉に触れないよう施術します。またその為に歯と歯肉の間にマスキングをして薬剤が歯肉に触れないようにしています。個人輸入等で購入するセットではこのマスキングが無いので痛みを感じます。
過酸化尿素
水分と反応して過酸化水素に変わる薬剤です。30%の過酸化尿素でも過酸化水素に変化すると10%程度の濃度になり取扱が易しいためホームホワイトニングに使われます。
ポリリン酸
リン酸が結合したものです。その一種のポリリン酸ナトリウムは食品添加物として変色の防止等の目的や中性食器洗剤等に広く使用されています。ポリリン酸は過酸化水素の濃度が低いため歯を漂白するまでの効果はありません。歯の表面の汚れを落とすのが精々です。
研磨剤
細かい粒子が歯磨き粉に入っているのをざらざらした感覚で分かると思います。この粒子で汚れを削り取るのが目的です。

まとめ

自宅で自分で歯を白くする場合の選択肢を歯が白くなる度合いの順にピックアップしてみました。

    1. 過酸化水素含有のもの 取扱に注意すれば最強
      自分で歯を白くしたい人への選択肢は過酸化水素のホワイトニング剤
    2. 過酸化尿含有のもの 取扱は比較的容易
      選択肢は歯科から提供されるホームホワイトニング剤
    3.  漂白は出来ないが歯の表面の汚れは取れる
      歯の汚れだけが取れれば良いという方には 市販のポリリン酸系
    4. 研磨剤 歯の表面の汚れを削り取る 使いすぎに注意
      歯の汚れだけが取れれば良いという方で急いでいない方向け 歯磨き粉

歯の黄ばみの原因のおさらい

ここで一旦、歯がなぜ黄ばむのか?予防するには?をおさらいしておきましょう。

ホワイトニング・ビフォー・アフター
ホワイトニング・ビフォー・アフター

 

歯の黄ばみとなる着色(変色)の原因

 

歯の着色には以下の要因があります。

加齢による(着色)変色 歳を重ねる毎に歯の表面が黄ばんできます。
食べ物や飲み物の色素が歯の表面に付着沈着する。
タバコのヤニの付着

生えたての永久歯は淡い黄色の象牙質の色がエナメル質を通して乳白色に見えます。

しかしそれも年齢とともに変色をしていきます。
主な要因は以下の通りです。

食品、飲料、ニコチンなどが沈着し化学的な反応で強固に歯面に付着。
噛み合わせの際に出来た微細な亀裂や摩耗によるエナメル質の表面の損傷部分への色素の進入。
エナメル質が年齢とともに薄くなり象牙質の色が透けて見える。
化学物質が歯髄から象牙質内へ内に沈着して象牙質の色を濃くする。
お茶、コーヒーやカレー、赤ワイン、ブドウジュース等に含まれるタンニン等の色素が歯 に付着、浸透し強固に着色するまた、時間の経過とともに通常の歯磨きやデンタル・フロスなど自宅では除去できなくなる。

自宅ホワイトニングの仕組みのおさらい

歯の解剖図自宅ホワイトニングとは、本来の自分の歯の色を成分の働きにより、更に明るく漂白することです。 海外ではブリーチングという表現をすることもあり同じ意味です。
クリーニングとは、本来の自分の歯の色を取り戻すため、歯の表面についている汚れや歯石を取り除く方法です。

歯の表面の顕微鏡写真
歯の表面の顕微鏡写真

アジア人黄色人種は、欧米人白人種に比べ、歯も黄色味がかっています。
毎日清潔に磨いていても、白く輝く歯にはなりにくいのです。しかし日本人でも自宅で歯を白く出来ます。

自宅ホワイトニングのメカニズム

自宅ホワイトニングは薬剤に含まれる過酸化水素が口内で分解する時に歯に浸透している着色物質を酸化・分解して無色化させます。歯磨き粉や歯磨きによるブラッシングで歯の表面を削り汚れをとるのとは根本的にメカニズ ムが違います。市販の歯磨き粉で歯を白くすることは無理だと考えて下さい。

薬剤が歯の内部まで浸透し、歯の内部の着色物質を分解して無色化させるのでもともと黄ばんだりしている歯を白く輝かせるのです。

自宅ホワイトニングの効果はどれくらい持続するのか?

個人差があります。 それは歯の着色の原因となるものが タバコ・カフェイン・お茶・ワイン・ジュース等 摂取量に個人差があるものが多いからです。

平均すると6カ月くらいでしょうか?というのは色が元に戻るのではなく、日頃の生活習慣で再び着色されていくからです。 一度のホームホワイトニングで輝く白さを手に入れてもそれが生涯続くわけではありませんが、その白さを維持する心がけを持ち生活習慣や正しいお手入れで、かなり長持ちします。

着色はすぐに分かるようには着色されません。毎日、毎日少しずつ着色されるのでなかなか気づかない物なのです。 できれば自宅でのホワイトニングを習慣化して、半年から1年に1度は自宅で歯を白くするとあなたの歯は常に輝いている ことでしょう。

ファストホワイトは再度ご使用いただくことも可能です。白さに満足がいかない、再び着色が気に なる方には、最初の1日間が終了し一ヶ月程経過してから再度1日1時間の自宅でのホワイトニングをお薦めします。

ホワイトニングの青色LEDの光で漂白促進

青色LED
青色LED照射画像

米国で日常的に行われている青色LED照射による短時間でのホワイトニングの画像です。歯科院等で行うLED照射光が強力なために目の保護用サングラスを装着しています。

弊社取扱のファストホワイトはLEDの照射光が眼に入っても害が無い様、有害な波長をカットしかつ照射濃度を低く抑えてありますのでサングラスは必要ありません。

プロがホワイトニングで使う過酸化水素と過酸化尿素

光照射映像
光照射映像

ここで最初にお知らせしたいこと、それは歯科さんが医院で使用している過酸化水素についてです。よく歯科では過酸化尿素を使用していると言われますが、残念ながらこれは間違った情報です。歯科医さんから自宅用にと手渡される薬品は過酸化尿素のジェルで過酸化水素のジェルではありません。

歯科さんですると良い結果が出るのは、 過酸化水素の高い含有率のジェルを使用しているからです。 できれば自宅でも歯茎を痛めずに過酸化水素の含有率が高いジェルを使いたいですよね。 (少なくともアメリカ国内でLEDを使用した自宅用のものにおいて)歯科医院では過酸化尿素を使用してい るという情報は間違いです。
アメリカ国内の歯科院でよく使用されているブランドはBriteSmile と Zoomですが両社とも過酸化水素を使用しています。貴方も過酸化水素と過酸化尿素とで効果比べをされるとおわかりになると思いますがそう簡単には試すことが出来ません。

弊社ではモニターに協力を頂き35%濃度の過酸化尿素と16%の過酸化水素での効果をリサーチ致しましたが明らかに16%の過酸化水素での方が早く効果が現れました。ファストホワイトの自宅用ジェルには16%の過酸化水素を使用しています。

Hits: 0

自宅でホワイトニング通販業界内で一番早く歯が白くなる