自宅でマウスピースタイプのホワイトニングをする場合の使用法
146 Enishi, Higashikaganoi, Ichinomiya, Aichi Mon - Fri 10.00AM - 18.00PM

自宅ホワイトニング・マウスピースタイプの使用方法

マウスピースタイプの自宅ホワイトニングの使用方法

マウスピースタイプ使用法

マウスピースを用意する

ホワイトニング用マウスピース
ホワイトニング用マウスピース加工前

パッケージから自宅用ホワイトニング用マウスピースを取り出します。
パッケージには2つのマウスピースが入っています。上の歯用と下の歯用です。両方とも同じ形ですので、上下用の区別はありません。

マウスピースを柔らかくする

マウスピースを摂氏90度のお湯に浸し柔らかくする
摂氏90度のお湯に浸し柔らかくする

あらかじめ摂氏90度のお湯を用意しておき、マウスピースの取っ手を持って、そのお湯に5秒間浸します。

コツ:きっちりと5秒間、以下でもなく以上でもなく浸して下さい。
短いとキチンとした歯型が取れません。長いと柔らかくなりすぎて取扱が困難になります。

マウスピースを歯にはめる

お湯から取り出し歯型を取る
柔らかい内に歯型を取る

お湯に5秒間浸した後、すぐに口に入れて歯型を取ります。

コツ:お湯から取り出してすぐ口に持って行くことがコツです。
すぐに冷めるので火傷はしません。

口に含んだ後、口を閉めて口の中から舌でマウスピースを押さえると供に強く吸ってマウスピースが歯に吸い付くようにして下さい。
歯の上からは口を閉めた状態で指でマウスピースを歯に押しつけるように押さえつけて下さい。
マウスピースの裏側からも、舌でマウスピースを歯に押しつけるようにして下さい。

歯型が取れたと思ったらマウスピースを口からだし、同じようにしてもう一方の歯の型を取ります。

余分な部分を切り取る

マウスピースを歯の形に沿ってカット
歯型に沿って余分なトレイをカット

歯型を取った後、ハサミでマウスピースが歯茎に当たる部分を切り取って下さい。

この作業は、自宅用ホワイトニングジェルが歯茎に触れないようにするための重要な作業です。ホワイトニングジェルが歯茎に触れると痛みが発生します。

マウスピースにジェルを塗る

トレイにジェルを置くように塗る
トレイにジェルを置くように塗る

マウスピースに自宅用ホワイトニングジェルを塗布します。

塗布するジェルの量はマウスピースを葉に装着したとき、ジェルが歯型から溢れ出さないくらいの量、各歯の型一つにつき米粒2つ分くらいが適量です。

マウスピースを歯にはめる

マウスピースを歯にはめる
ジェルを塗布したトレイを歯にはめる

ホワイトニングジェルを塗布したマウスピースを歯にはめます。

この時余分な薬剤がマウスピースからはみ出しますので、用意しておいたティッシュか綿棒で余分な薬剤を拭き取ります。
この作業をしないと、後で歯茎に痛みが出ます。

口をすすぐ

口をぬるま湯ですすぐ
口をぬるま湯ですすぐ

マウスピースをはめて1時間後、マウスピースを外しぬるま湯で口をすすいで歯についたジェルを洗い流して下さい。

コツ:冷たい水で口をすすぐと凍みる場合がありますが、徐々におさまります。

知覚過敏を抑える作業

知覚過敏を抑える為に同梱の緑色のジェル『ミネラル・ブースター』を使用します。
ミネラルブースターをマウスピースにホワイトニングジェルを使用したときのように、米粒2つぐらいづつマウスピースの歯型内に置き、約30分マウスピースを歯にはめて下さい。

ミネラル・ブースター

ホワイトニングの終了

ホワイトニング後の歯
ホワイトニング後の白い歯

マウスピースでの自宅ホワイトニングは1日1回60分。
これを1週間続けて下さい。

コツ:お好みの白さになったら途中で止めて下さい。
自宅ホワイトニングは就寝前が効果的です

Hits: 13

自宅でホワイトニング通販業界内で一番早く歯が白くなる