146 Enishi, Higashikaganoi, Ichinomiya, Aichi Mon - Fri 10.00AM - 18.00PM

テトラサイクリン歯のホワイトニング・プログラム

テトラサイクリン歯のホワイトニング

テトラサイクリン歯をホワイトニングする手順とコツ及び注意事項の説明です。

よく読んでからホワイトニングを始めて下さい。

ホワイトニングの準備をする

歯を磨いて下さい

この時強く磨かないで下さい。歯の表面の汚れを軽く取るつもりで結構です。
特に歯茎部分をこすりすぎて歯茎に傷をつけないようにして下さい。ホワイトニング時に薬剤が凍みて痛くなる原因になります。

歯を磨く

ティッシュペーパーで歯の表面の水分を拭き取る

歯を白くする成分である過酸化水素は水分と結合しやすく、結合後はホワイトニングの力がが弱まります。

マウスピースを歯に装着する

マウスピースの内側の底の歯先に当たる各部分へ、ホワイトニングジェルを米粒2粒くらいの量を置きます。

その後マウスピースを歯に装着します。

このとき、ホワイトニング中にでる唾液を吸い取る為、ティッシュペーパーを1枚軽く丸めて舌下に入れておくと楽にホワイトニング出来ます。

上下どちらの歯からも、もしくは両方同時にホワイトニングしていただいても構いません。

 

マウスピースをはめる

マウスピースからあふれ出たジェルは拭き取る

マウスピースからあふれたジェルが歯茎について居る状態を続けると痛みの原因になります。

LEDライトに電源を入れて口にくわえる

LEDライトをくわえる

この状態で1時間

この状態で1時間ホワイトニングを行って下さい。約1時間でホワイトニングジェルの効果は薄まります。

人によっては歯茎に強い痛みが現れる場合があります。我慢できない場合は数回に分けてホワイトニングして下さい。

髪のカラーリングをすると痛みが出るのと同じ感覚です。暫く我慢するとおさまります。

舌下に入れたティッシュペーパーが唾液を吸わなくなるくらい唾液が溢れてきたら新しいティッシュペーパーと取り替えて下さい。

1時間でホワイトニング終了です

1時間で1回のホワイトニングは終了です。マウスピースを口から外して、口をぬるま湯ですすいで下さい。

マウスピースも流水で良くすすいでホワイトニングジェルを洗い流して下さい。その後新しいティッシュペーパーで良く拭いて乾いた状態にして下さい。この後知覚過敏を予防するために使用します。

知覚過敏予防のための作業

ホワイトニングセットには知覚過敏を予防する作業をして頂きます。

※知覚過敏とは、歯ブラシの毛先が触れたり、冷たい飲食物、甘いもの、風にあたった時などに歯に感じる一過性の痛み。

ジェルを洗い流して乾いた状態のマウスピースにホワイトニング時にジェルをつけたようにエナメルブースター(下記画像)を塗布します。

エナメルブースター

その後マウスピースを歯に装着します。この作業は20分で終了です。

これで1回のホワイトニング作業は終了です。

テトラサイクリン歯の場合はこのホワイトニング作業を3日に1回(出来れば毎日)歯の色が白くなるまで続けて下さい。

水ぶくれが出来ることがあります

ホワイトニングすると口内に水ぶくれが出来ることがあります。

水ぶくれ

これは過酸化水素による火傷のような物です。1日〜2日で元に戻りますのでご心配いりません。

Hits: 7